ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか?

おじさん 

  • ちょっと物を持ち上げただけで痛めた
  • 最近とても忙しかった
  • まっすぐ立てないし、腰が伸びない
  • 注射や痛み止めが効かない
  • 人生で3度目のぎっくり腰、もう懲り懲りだ

もう2度とぎっくり腰にならない体へ

ぎっくり腰の種類 | 四條畷市 はなまる鍼灸整骨院

一言で「ぎっくり腰」と言ってもいくつか種類があって、その対処法も違います。

 

①激症型

これはもうまったく動けな状態にあり、とにかく安静にしていることが最善です。

この状態は椎間板ヘルニアを発症している可能性もありますので落ち着いたら精密検査を受けることをお勧めします。

ですので激症型の方は体が「休みなさい」というメッセージを出していますので最大で72時間はアイシングしながら大人しくしましょう。

 

②炎症型

強い痛みはあるものの何とか動ける状態です。この状態になったら少しづつ動きましょう。まず手始めにハイハイ(四つん這い)から始めます。

このハイハイを5分でも良いのでゆっくり続けてみるとスッと立ち上がれる方もいます。

激症型と同様アイシングは続けてください。動けるようになったら治療院へ行くことをお勧めします。

 

③平癒型

激症型・炎症型のあとに、何か違和感・重だるさがずっと残っている状態です。

この時期になると医療機関によっては「温めて」と言うところも出てきます、ですが温めることは筋肉が緩み、痛みをごまかすことができるのですが、温めることはその場しのぎになります。

なぜなら痛んだ関節を温めることで、タンパク質を多く含んだ軟骨が硬化しギックリ腰を再発しやすくなり、後の変形性関節症になりやすくなってしまうのです。

 

④慢性型

ギックリ腰が完治せず、一旦楽にはなったが潜伏している状態です。

これは本人の自覚が乏しいことが多いので何度もギックリ腰をくり返すことがあります。

これまでに2度以上ギックリ腰になっている方は前回までの対処法が間違えていますので、もう2度とギックリ腰にならない為の正しい施術を受けましょう。

 

 

ぎっくり腰 四條畷市 はなまる鍼灸整骨院